ブログ : Yoga Teacher Training 100 ・YTT200ヨガインストラクター資格取得内容
 投稿日時: 2018-04-01 (676 ヒット)

ヨガティーチャートレーニング資格取得(YTT100)

 

 

実技/実践

  ・アーサナ(各種ポーズ 85種類)実技

    -パワンムクタシリーズ(合計28種類)

      ・関節系グループ(12種類)

      ・腹部系グループ(7種類)

      ・エネルギー系グループ(9種類)

 

    -メディテーションシリーズ(5種類)

    -バジュラアーサナグループ(10種類)

    -スタンディングアーサナグループ(9種類)

    -スリヤナマスカーラ・シリーズ

    -チャンドラナマスカーラ・シリーズ

    -パドマアーサナ・グループ(3種類)

    -バックワード・グループ(8種類)

    -フォワード・グループ(6種類)

    -スパイナル・グループ(3種類)

    -インバーティッド・グループ(5種類)

    -バランシング・グループ(6種類)

 

以上85種類のアーサナを学んでいきます(アーサナの指示の手順、呼吸の仕方、重要なポイント、効果などが記載)

 

 

YTT100の実技実習では、アーサナの基本であるパワンムクタアーサナシリーズの3つのグループ、バジュラアーサナグループを中心に、その他メディテーションアーサナグループ、スタンディングアーサナグループを学びます。 

これらのアーサナを習得することで、初級から初中級のヨガクラスの指導ができるようになります。

 

 

YTT100の実践クラスでは、まずはマントラから始め、パワンムクタアーサナシリーズを中心にアーサナを行い、最後にはメディテーションを行っていきます。

これらの実践を通して、アーサナとは何か?ヨガとは何か?を感じてもらえます。

 

 

◆ヨガ哲学理論

-ヨガとは? 

※ヨガ(Yoga)とは何かを明確に説明できずに、果たしてヨガを教えることができるか? 

一番大切!

 

-心とは何か?

※ヨガとは何かを理解するにはこれが重要!

-心の特徴 

※これを理解すれば実践的にヨガが使えるようになる。

-ヨガと心の関連 

※言うまでもなく、もっとも重要!

 

-ヨガの意義

※私たちはなぜヨガをやるのか? 

その意義とは?

 

-心と体とプラーナの関係 

 ※ヨガとは何かを実践面で理解する為3つの関係の理解が必須!

 

-自己とは何か? 

※最も難しいトピックだがヨガを理解するには避けて通れない。

 

-プルシャ&プラクリティ

※最難問かな・・・。

 

-見るもの&見られるもの

 

-心の作用の分類

 

-煩悩性と非煩悩性

※自分の心の分析にも役立つ。

 

-離欲と修習

※ヨガ実践面での基本!

 

-執着その原因と無執着の方法 

 

※これが理解できると人生がかわるかも!?

-ヨガ八支則 

 

※ヨガのすべての実践者が覚えておかなければならない!

 

-Yama(ヤマ)&Niyama(ニヤマ)

※アーサナよりもまずはこれです。

 

-無知と知恵 ※この学びは目からウロコ!?

 

-伝統的ヨガの道 

 

※ヨガを何年もやっている人でも意外と知らない・・・。

 

-ラージャヨガとハタヨガ 

※この2つの関係の理解がヨガ全体の理解につながる!

 

-サーンキャ哲学

-サーンキャ、ヴェーダーンタとブッタの教えの比較検討

 

-ブラフマン&アートマン

その他

 

 

 

<ケーススタディ>

実際に学んだ知識をただ単に知っているということではなく、実際に生かせるように、具体的な例などによりさらに理解を深めていきます。 

ヨガの知識をただ知っているだけでなく、インストラクターとして生徒の方に説明できるレベルを目指します。

 

 

◆アーサナ理論 

 

「アーサナとは何か?」これが分からないと、ただ単にポーズを教えるポーズインストラクターになってしまいます。 

アーサナとは何かを明確に答えることができますか? 

アーサナとエクササイズの違いは何でしょうか? さらに、ヨガでなぜ身体を使うアーサナを行うのでしょうか?

 

 

※すでにヨガインストラクターになっている方でも、これらの質問にはっきりと答えることができる人はどれくらいいるでしょうか? 

ほとんどのヨガインストラクターは単なるポーズインストラクターなのかもしれません・・・。

 

 

同じアーサナ(ポーズ)を教えるときでも、単にポーズを教えるのと、「ヨガとは何か?」「アーサナとは何か?」などをしっかり理解した上でポーズを教えるのでは、大きく違ってきます!

 

 

◆解剖学/生理学 

特にヨガ(アーサナ)に関係する項目(解剖学の基礎、骨格系、呼吸器系など)を重点的に学びます。

 

 

◆ヨガ指導方法論

1つ1つのアーサナについて、どのようにインストラクションを行うのか(指示での重要なポイントなど)グループで実践的なトレーニングを行います。さらにクラス構成などについて学び、実技テストで自らクラスを構成し、ヨガインストラクターとして実演できるようにします。

 

 

ヨガの指導では、いかに的確に伝えるかが重要です。 

どんなにヨガのことが詳しくても、どんなに難しいアーサナ(ポーズ)ができても、それを生徒の方に上手く伝えることができなければヨガインストラクターとして活躍するのは難しいでしょう。

 

 

Medical Yoga Schoolではアーサナを的確に伝えるためのメソッド(方法論)があります。 

それを学ぶことで質の高い指導が可能となります!

 

★Medical Yoga Miyazaki の指導メソッド: 

 

3つのポイント&3つのワード

 

この方法を学ぶことで、ヨガ経験が少ない人はもちろん、ヨガインストラクターとして活動している人でも、生徒の方への伝わり方が違ってきます。

 

※ヨガを知っているだけではヨガを教えることはできません。 

様々なアーサナが出来るだけでは、それを教えることはできません。 

ヨガ(アーサナ)の実践と指導はまた別物です。 何十年ヨガを実践していても、それを伝える技術がなければヨガインストラクターとして活躍するのは難しいでしょう。

 

 

エクササイズ的なヨガ(アーサナ)やストレッチヨガを教えるのは比較的簡単です。 

 

しかし、1つのクラスの中で、いかに本来のヨガというものを生徒の方に伝えるか、これは非常に難しいです。 

Mefical Yoga Schoolではあえて、それにチャレンジしています!

 

 

 

◆実践ヨガクラス

(実践トレーニング::アーサナを中心に、プラーナーヤーマ、ムドラー、メディテーション、マントラを含む)

 

 

※クラスの進行度合いなどにより内容は変更となることがあります。 

初級クラスを指導できるヨガインストラクターとしての知識技術を学びます。 

 

 

◆個別指導&個別評価!

実技テストでは、実技の内容について、ヨガインストラクターとして活躍するために、お一人お一人に個別に細かなアドバイスがあります。 

 

 

 

 

 

YTT200では、100で学んだことを基礎として、より深くヨガを学んでいきます。 

YTT100は基礎編であり、200は応用編となります。 

200ではヨガの真髄に迫っていきます(特にHatha Yogaの本質を学ぶ)。

 

実際の指導という点では、YTT100 が初級クラスの指導レベルであるのに対して、200は初級のみならず経験者向けクラスの指導ができるレベルまで達していきます。

 

 

さらに、1つのタイプのクラスだけでなく、様々なタイプのヨガクラスを指導できることを目指します。 

例)初級クラス、経験者クラス、60分のクラス、90分のクラス、2時間のクラスなど。

 

 

クラスの内容について、YTT100では学ぶという点が中心でしたが、200ではより実践的になります。 

従って実技的な項目が多くなります。 

 

 

※YTT200はYTT100より内容も学びの時間数も約25%多くなります。

 

 

<実技実習>

 

 ・アーサナ(Asana)習得と指導

    -スリヤナマスカーラ基礎

    -スリヤナマスカーラ応用

    -バックワードベンディング

    -スパイナルツイスティング

    -インバーティッドグループ

    -バランシンググループ

    -バジュラグループ

    -フォワードベンディング

    -スタンディンググループ

    -チャンドラナマスカーラ

    -パドマアーサナグループ

   ※アジャストとサポートを含む

 

  ・プラーナーヤーマ(Pranayama)理論と実践

    -プラナヤマ基礎

    -5つのプラーナ

    -ナチュラルブリージング/習得&指導

    -複式呼吸/習得&指導

    -胸式呼吸/習得&指導

    -鎖骨呼吸/習得&指導

    -ヨガ呼吸/習得&指導

    -カパラバティ基礎実習&指導

    -カバラバティ応用(バンダとの併用)

    -ナディショダナ実習&指導(3つのステップ)

 

  ・バンダ(Bandha)

    -Mula Bandha

    -Uddiyana Bandha

    -Jalandhara Bandha

 

  ・ムドラ(Mudra)

    -Gyana

    -Chin

    -Shambhavi Mudra

 

  ・メディテーション(瞑想)

    -瞑想の基礎理論

    -アナパナ瞑想実習&指導

    -ヴィパッサナ瞑想

 

 ・チャクラマントラ理論と実践

    -主要なチャクラのマントラ

    -マントラ実習&指導

 

  ・シャットカルマ(Shatkarma)

    -Jal Neti理論と実習

    -ヨガにおけるサトカルマの重要性

    -ヨガと食事

 

<ヨガ解剖学生理学>

  ・チャクラシステム

    -7つのチャクラ

    -チャクラとマントラ

    -チャクラと生理学

    -チャクラとアーサナ

    -チャクラ活性化法

  ・ナディス

    -イダ、ピンガラ、シュシュムナ

    -ナディとチャクラ

    -クンダリー二

   ・Sawara Yoga

   ・プラニックボディ

    -5つの層

   ・ヨガ的生活

    -3つのグナ

 

<指導方法論>

   ・ヨガの指導者

   ・指導者としての資質

   ・指導者としての倫理

   ・クラス構成

   ・ヨガ起業論(ヨガ市場分析、マトリックス分析、コンセプト案など)

   ※アーサナ実技での実践的指導方法の習得

 

 <Practicum> 

   ・経験者向けクラス実技試験

   ・自由クラス実技試験

   ※プラナヤマ、サポート&アジャスを含む

 

<実践クラス>

学んだ内容を実際のクラスの中で、自分の体を使い実践的に習得していきます。 

さらに自身のトレーニングとしてヨガを深めていきます。

 

 

生徒さんのライフスタイルに合わせて取得していきます。

お時間設定も自由に選べます。

 

 

 

《ヨガティーチャー養成講座・資格取得料金》

 

ヨガインストラクター養成(YTT100&YTT200)費用

YTT100(Yoga Teacher Training 100)の受講費用は22万円です。

 

YTT100だけでもヨガインストラクターとしての資格を取得できます。

初級レベルのヨガクラスを指導することができる資格認定となります。

 

そして、次のレベルとしてYTT200(Yoga Teacher Training 200)があります。

YTT200の受講費用は25万円です。

 

Medical Yoga Miyazakiオリジナルテキスト

 

YTT100・YTT200用 8000円

(生徒さまのテキストは日本語です)

 

 

 ______________________________________

 

Medical Yoga Miyazaki

☎︎ 050-1091-1717

✉︎ kiyomi.yoga@medical-yoga.jp

HP http://www.medical-yoga.jp

Instagram @medical.yoga.miyazaki

______________________________________