お知らせ : 不妊治療の方のためのヨガセラピーWS 〜ヨガで妊娠しやすい心とお身体づくり〜
 投稿日時: 2018-10-17 (44 ヒット)

 

 

不妊ではなく、未妊です。

 

 

病院では解決できないご自身の身体に本気で向き合いたい方のためのプライベートWSです。

(個人面談・個人に合ったプライベート指導付き)

 

 

 

不妊治療・妊活は女性にとって繊細な問題です。

周りを気にしなくて良いように、プライペートWSを行なっています。

 

 

たくさんの不妊治療のためのヨガセラピーの生徒様にヨガをお伝えしていく中、皆さまのお身体には共通点があります。

 

 

私も色々な経験をし、今、我が子と暮らすことが出来ています。

 

 

病院では、治せない身体の柔軟性、血液循環、骨盤周り、子宮周りの問題など、一緒に解決していきましょう。

 

 

お一人お一人のお身体に合わせたやり方で、お身を整えていきます。

そしてヨガは心も大切にしています。

 

 

4000年前から伝わるヨガ哲学をふまえながら、諦めず、ご自身の身体に向き合っていきましょう。

 

 

最初は向き合うことがこわいかもしれません。

その気持ちも分かります。

ご自身が、見て見ぬ振りをしていた部分に目を向けることは、勇気がいる事です。

一緒に同じ目線で、寄り添いながら行なっていきます。

 

 

 

不妊の原因には、色々な要素があり、一概に何が原因といえないところにその難しさもあります。

よって、原因を探りその部分を狙って治療をかけていく従来型の西洋医学的アプローチの仕方にも限界がでてくるのも仕方ないことです。

 

ヨガによる不妊へのアプローチは、もっとホリスティック(全体的)なものです。

 

 

私たちが妊娠するときの身体は、骨や筋肉、臓器や生殖器の細胞のみでできているのではなく、女性としての機能には、心や気持ちが伴うものだという考え方です。

 

もちろん、西洋医学による不妊治療を否定するものではありません。

 

それを補完しる、あるいは異なる確度からのアプローチとして、妊娠しやすい心と身体の状態を導きだそう、というものです。

 

 

この講座では、私がアメリカで学んだ事、色んな明らかになってきたヨガのストレス軽減という精神的側面だけではなく、私たちの体調そのものには、そして生殖器を包む骨盤や、意外と重要な腰椎の調整という運動生理学に基づいた観点から、妊娠しやすい心と体づくりに取り組んでいくにはどうしたらいいか、学んでいきます。

 

 

【講座内容】

 

①ヨガ・セラピストとは

②不妊ではなく、未妊です

③西洋医学で解明できる要因

④不妊治療の流れ

⑤機能性不妊

⑥不育症と習慣流産

⑦男性の心と身体

⑧ヨガで健やかな身体づくり

⑨タイミング法の前に

⑩ヨガとSEX

⑪冷えは病気ではないけれど

⑫腰椎 L 1-5 と生殖器の関係

⑬医学的に腰に注目:冷えをとり、臓器の働きを高めるポイントは腰椎

⑭骨盤の歪みと腰部の硬さ

⑮女性の腰椎 4番 男性の腰椎 5番

⑯生殖器と筋群

⑰不妊治療のためのヨガクラスを開講する

⑱ヨガをしてる時間の心の持ち方

⑲ストレッチの誤解

⑳パートナーと楽しむヨガ

㉑カタルシス効果とは

など。

 

そして、プライペートヨガカウンセリングを行います。

 

 

 

講座名:不妊治療の方のためのヨガセラピーWS

日程:生徒様のご都合に合わせてスケジュールを組みます。お気軽にお問い合わせください。

参加費:30,000円

開催場所:Medical Yoga Miyazaki

(宮崎県立図書館・文化公園から徒歩1分)

 

ご予約は、ホームページのお問い合わせより、又はお電話にてご予約ください。

(ヨガクラス中は出れない場合があります)

朝10:00まで、お昼休み、もしくは18:30以降は比較的繋がりやすいです。

 

 

Medical Yoga Miyazaki